那智勝浦新宮道路オープン!
3月30日(日)から新宮市と那智勝浦町を結ぶ国道42号バイパス「那智勝浦新宮道路」が3月30日午後に供用を開始されました。

先週の初め、さっそく通行をしてみましたが、まず感じたことが標識の少なさ。もう少しで那智山の方へ入ってしまいそうになりましたが、信号待ちのおかげでアクセス道へ入ることが出来ました。

道路は大変快適で、素晴らしい物でした。開通により約15分程度の短縮になり、国道42号とバイパス双方に通行車両が分散し、混雑解消になるようです。

この道路を走ってみてもう一つ感じたことがあります。
以前から気になっていた新宮市三輪崎からの不自然な道路(ほぼ直角に曲がり突然2車線に)が、この道路の開通で納得出来ました。それと、那智勝浦へ降りてきた時の勝浦温泉への道路との接続も素晴らしくスムーズで、長い期間掛けた計画の結果だったような気がしました。

いろんな意見があるとは思いますが、われわれ南紀に住む者にとっては大変有り難い道路であることは間違いありません。

那智勝浦のICから1kmほどの国道沿いに藤野醤油の工場、店舗がございます。
2008/04/16
    南紀に春の訪れ…山桜 そして間もなくネットショップOpen!
昔から三寒四温を繰り返しながら徐々に春が来るもの…とされていますが、今年は少し様子が違うようで、『昨日までは冬ですよ… そして今日から春!」そんな感じである日突如として春が来たような今年の南紀でした。

南紀の春は山桜が咲き始め暖かくなりますが、もっとも南の潮岬付近の桜が最初に咲き始めると思われている方が多いようです。

実は南紀で最初に山桜が咲き始めるのが、古座から太地、那智勝浦に掛けての海岸線です。
低気圧の通過に伴う、春の嵐が吹き荒れている今日も、海岸沿いの山肌にほんのりピンク色の山桜が目を引いていました。

山桜が葉桜になる頃、順番を待っていたように染井吉野などの桜が咲き始めます。

去年の春は、桜が開花してからも雨や風の強い日がなく、随分と長い期間、桜の花びらが散ることなく咲き誇っていました。
あんな事は数十年ぶりではなかったでしょうか?

さてさて、今年の桜はどう言う咲き方をしてくれるのでしょうか?

そして間もなくネットショップのオープンです。

※写真は昨年の桜です。
2008/03/19
    いつの間にか春が…
三寒四温を繰り返すうちに春が来ると言われていますが、3月に入り昼間は暖かい日が続くようになりました。

そんな中、日当たりの良い草むらを見ると、オオイヌフグリの可憐な花が沢山咲いているのを見つけました。
オオイヌノフグリは、ヨーロッパ原産の帰化植物で、1890年頃に東京に帰化したことがわかっています。
路傍や畑の畦道などによく見られ、早春からコバルト色の花を咲かせ、春の訪れを感じさせる植物の1つでもあります。

春は知らない内に、もうそこまで来ているんですね。
2008/03/02
    マグロの町、那智勝浦町…
生マグロ水揚げ日本一の那智勝浦町は、昔から遠洋・近海マグロ漁の船で賑わって来ました。
また那智勝浦の温泉と新鮮で美味しい生マグロを食べようと、観光で訪れる方も通年おられます。

マグロの町、那智勝浦の冬のイベントがこの2月に開催されました。一つは「南の国の雪祭り」で、姉妹都市「長野県白馬村」から運ばれてきた雪を積みあげての楽しいイベントは勝浦の風物詩の一つ

もう一つが「マグロ祭り」で、生マグロ、冷凍マグロの即売会や試食会、抽選会など終日、マグロマグロ…で賑わいます。

藤野醤油の刺身かけ醤油は、子供の頃からマグロを食べてこられた地元の皆様に育てられたと言っても過言ではありません。

那智勝浦も、このマグロ祭りが終わると春がやって来ます。 ※写真は200kg超の本マグロ…
2008/02/26

前ページ  TOPページ  次ページ  HOMEページ




























- Topics Board - - designed by ma-me.net -